WebUIへ戻る
あとやっぱりユーザー単位での設定が必要(ManyToMany)
命名がイマイチだしこれをたたき台にしてマシにするやつにしよう
/**
* コンテンツフィルター種別
enum ContentHiddenFilterType {
None = 0, // フィルター設定なし
Author = 1, // 投稿者によって設定されたフィルター
ManuallyModeration = 2, // 管理者によって後天的に設定されたフィルター
AutoModeration = 3 // ポリシーに従って自動設定されたフィルター
}
地味にフォロー・ブロック周りの処理を弄った
やること
・AmazonResolver作成
・アカウント管理画面作成
 ・アカウント個別操作
  ・アカウントの停止
  ・投稿の個別削除
  ・モデレーションメモ
・全体的なリファクタリング
 ・特にページネーション関連処理